実はダイエットは○○○○次第!

高の自分を引き出す!
ンタルトレーナーの森川祐子です。

 

3月に入り、ショップにはパステルカラーの春物が並び始めましたね。
日差しが明るくなると、嬉しくなります^^

 

そして、この時期になると
雑誌や電車内等、いろいろなメディアが
ダイエットの広告を掲げ始めます。

 

このダイエットですが、
20代~40代女性で
82%はダイエット経験があるそうです。

 

ダイエットしたことがありますか?
私も例にもれず、ダイエットしよう!と
取り組んでいた経験あります。

 

20代の頃はカロリーだけを気にして
ケーキは食べるけれど、お肉は食べない
な~んていうダイエットも(苦笑)
(今思えばダイエットにあらず!)

 

そして、きつくなったスカートやパンツを履くたびに
「食べなきゃよかった…」という罪悪感。
もっと、痩せていたら
この洋服も似合ったのに…と落ち込むこともありました。

 

そう、こんな風に痩せることを求める人は
私だけでなく、
スリムになることを願っている
女性はたくさんいるはず!

 

 

実は、ここに幻想があります。

 

 

「痩せたら、◯◯が手に入る」

 

つまりは、◯◯に入るものは
・好きな人が振り向く
・結婚
・人から注目される
・羨ましがられる
・幸せ
などでしょうか。

 

たしかに、手に入れられるものもあるかもしれません。
・達成感とか
・人から褒められた優越感とか
・自己満足とか。

 

けれど、それも一時的なもので
その先には、必ず「もっともっと」という
さらに痩せたい欲望
もしくは太ったらどうしようと言う不安感が出てくるものです。

 

ここで重要なのは、どんなダイエットをしたかではなく、
どんなセルフイメージを持っているか!!です。
もし、あなたの中に、ふくよかな自分のイメージが強ければ
いくらダイエットをしても元に戻ってしまうために、リバウンドする可能性が高いです。

 

痩せても、太っても
なかなかに気持ちの上では安定せず
常に渇望感があるものです。

 

つまりは、そこには
「痩せるか、太っているか」
という枠があって、
いつもそのことにフォーカスしているのです。

 

言い換えると、
いつもダイエットすることに気持ちが向いている状態なのです。

 

自分の目標とする体重やサイズ
クリアしたらしたで、「もっと痩せたい」が働くし
クリアしないと、ずっと「痩せたい」という気持ちが続く。

 

 

そして、クリアできないと
自分はダメだ
自分は幸せになれない
という幻想がつきまとう・・・

 

 

つまり
「痩せるか」「痩せないか」というところに
いつも意識が向いていると、
物事は、その尺度でしか、機能しません。
同時に、私たちには
自分が自分に対して抱くイメージ
=セルフイメージ
というものがありますが

 

そのセルフイメージが
太っている、ダメな自分等
劣等感が絡むとさらに、ダイエットはうまくいきません。

 

おそらく、どんなに高額投資して
一時的に減量できたとしても
セルフイメージが変わらなければ
リバウンドしてしまうことでしょう。

 

リバウンドしたって
「やっぱり美味しいものが一番!」
「太ってたって私の人生サイコー!」という人は
OKです。

 

でも人生サイコーって思えなくて
いつも苦しくて、つらいダイエットになる人は
メンタル面から見直してみると
枠組みを変えられるかもしれません☆

 

そうそう、タイトルの答えは「実はダイエットもメンタル次第!」でした。

トライアルセッションが気になる方は…

今、自分のステージが変わろうとしている!
これからどうしたいかが、自分でもわからない!
とにかく、自分を変えたい!
と思う方は、一度トライアルセッションを受けてみませんか。

今うまくいかないことがあるとすれば、
メンタルブロックがあるのかもしれません。

無意識に働きかけ、心の成長をサポートします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA